こんにちは

多言語ライフを楽しんでいるサダモリです。

家族でヒッポファミリークラブの多言語活動を始めて20年。

ことばと人に出会いながら思いがけない面白い人生をおくっています。

 

多言語活動の中心はファミリーと呼んでいる活動の場です。

外国語を習得するには教室に通う、留学する、などが一般的ですね。

私たちは家でいろいろなことばで語られるストーリーを聞いてファミリーに出かけていきます。

ファミリーでは小さい子からシニア世代まで嬉々として楽しい時間を過ごします。

先週のファミリー

参加したのはもうすぐ2歳の誕生日を迎える子から70代までが同じ空間で遊びました。

世界の音楽に合わせてゲームをしたり、踊ったり。

特に2歳の子のダンスは可愛いです。手足の動き、表情どこをみてもすごいな可愛いなぁと思います。

おとなたちも負けてなくて、だれもが主役のようです。

「ことばをうたう」という活動もあります。

ことばを歌うようにハミングします。

最初は言えなくて困ってしまうけど繰り返し聞いて歌ううちに大人でもいろいろな国の言葉が言えるようになります。

言えるようになると意味もなんとなく分かってくるので不思議です。

この日はメキシコにホームステイに行った仲間の報告が聞けました。

行ったことのないメキシコですが報告を聞くことでその国に興味がわくし体験にワクワクします。

いろいろな人に触れあい、ことばも増えていくファミリー

おとなも子どももファミリーで育っていきます。

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

著者

たおの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です