体験を話すことの大切さ。多言語・雪の学校報告③

交流

ご訪問ありがとうございます。

愛知県豊川市でヒッポファミリークラブの活動を主催しているサダモリです。

ヒッポファミリークラブの多言語活動を通して見つけたこと、楽しいことをこのブログでお伝えしたいと思っています。

多言語・雪の学校の報告です。

先日は多言語・雪の学校には参加した子どもたちの報告をききました。

3泊4日、全力で楽しんだようです。出発前日、小3の女の子は不安になったのか両親に応援の手紙を書いて、とお願いしたそうです。出発はもっと不安がるかと思っていたご両親の心配をよそに振り返る事なく、元気に出発。帰ってきた時にはヘトヘトに疲れていたけれど成長を感じた、とお話しされていました。そして全国から集まった同じ宿の子たちとの繋がりを感じてこれからも今もまた、楽しくなったそうです。

体験を聞く、話すことで子どもの体験も親にとっても嬉しく、ふっくらと育っていくのだな、と思った報告会でした。

読んでいただいてありがとうございます。

興味を持たれた方はヒッポファミリークラブHPをご覧ください。

 

ヒッポファミリークラブ-親子で多言語!国際交流!
ヒッポファミリークラブでは7ヵ国語をベースに、多言語を赤ちゃんのように自然に習得する活動をしています。多言語にふれはじめた途端、普段の生活がもっと楽しく、そして世界に広がっていきます。お近くの会場で体験会等を随時開催していますのでお気軽にご参加ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました