こんにちは!

ご訪問ありがとうございます。

ヒッポファミリークラブで多言語活動を楽しんでいるサダモリです。

ヒッポファミリークラブではたくさんのことばが聞こえてくる環境を作り、人と出会いながらことばが母語として話せていくことをしています。

今日はヒッポを始めたばかりのメンバーと1年半のメンバーの話を聞きました。

1人は日本語が母語ではないお母さん。

子どもたちに自分のことばを残そうと躍起になっている時はなかなか難しかったのに活動を始めて日本語以外のことばに触れるようになると子どもたちが自然に自分のことばを話すように。そして、子どもたちは自分たちでことばの意味も見つけています。

たくさんのことばに触れることで子どもたちにあったことばの壁が取れたそうです。

そしてもう一人のお母さん。

知らないと閉じてしまう。知っていることで一歩踏み出せる、怖くなくなる、と。

二人の発見が本当にすごいと思いました。ヒッポを始めて何年も経ってから私が気づいたことすでに気づかれています。

それだけ日常が世界と繋がっていて意識しているということなのかと思います。

こんな風に世界とことばに開かれた心がたくさんの人に広がっていくと良いのに、夢が広がります。

読んでいただいてありがとうございます😊

興味を持たれた方はヒッポファミリークラブHPをご覧ください。

https://www.lexhippo.gr.jp/

著者

たおの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です