ドイツ🇩🇪パンのベッケライミンデン

多言語な日常

こんにちは!

愛知県豊根村にあるパン屋さん。ベッケライミンデンに行ってきました。

豊根村ではチョウザメの養殖をしているそうで、食べに行こう!と道の駅にあるレストランみどりに向かいました。チョウザメは豊根村の人口を超えたそうですよ。サメではなくて古代魚、栄養価も高いと紹介されています。http://www.vill.toyone.aichi.jp/cms/?p=5844

道の駅に向かう途中、ドイツパン、ミンデンの看板を発見!

レストランにもミンデンの大きなポスターが貼ってありました。店主の方は50歳でドイツに渡り、ミンデンという町でパン作りを学び豊根村でお店を開業されたそうです。ますますパンが食べたくなりました。

ランチをたべたあと山を下りなから看板のある道路を左折。すぐにお店がありました。

時間が遅かったせいかパンはあまり残っていませんでしたがカンパーニュとチョコクロワッサンをいただきました。どちらも美味しかったです。パンもチョウザメランチも美味しくてこんな山のてっぺんに!と驚きでした。

そして、今日はドイツ語を聞いています。ドイツの人がうちにホームステイしたことを思い出しました。15年程前?そんなにたったなんてオドロキですがその頃は今よりもっと英語がわかりませんでした。でも、お互い楽しく過ごすことができて自分の世界がグーンと広がりました。それも家族やヒッポの仲間がいたから出来たことです。1人ではできない体験でした。ドイツ語も楽しく歌っていきたいと思う午後でした!

読んでいただいてありがとうございました。 興味を持たれた方はヒッポファミリークラブHPをご覧ください。 https://www.lexhippo.gr.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました