韓国語の発見と多言語の環境をつくること

あかちゃんとことばの不思議

こんばんは!アニョハセヨ!

韓国のZOOMファミリーに参加してきました。

世界の音楽に合わせて手遊びしたり、

いろいろなことばを聞こえたまま、言ってみるメタ活も

日本と同じです。

ロシア語、韓国語、イタリア語、台湾語、日本語・・・

韓国でも日本でも同じ多言語の公園

実際には出かけられないけど

顔をみて声を掛け合えるのはヘンボカムニダ

韓国語の会話の中に知っている音が飛び出してきます。

会話の途中、分からないことがあり、聞こえたまま「○○モヤ?」

と聞くとちょっと待ってて、と日本語で返ってきました。

そしてモヤ?は日本語のモヤモヤすると同じだな、と気づいたり…

マジョ、ナーム、とか知っている音に反応する自分に

おもしろいな、と思ったり( ^ω^)・・・

前回の韓国ヒッポのことをかいていますhttps://taono.club/2021/03/31/%e9%9f%93%e5%9b%bd%e8%aa%9e%e3%81%a7%e3%83%aa%e3%83%a4%e3%82%b3%e3%81%af%e3%83%aa%e3%83%a4%e3%82%ab%e3%83%bc/

まったく知らなかった韓国語が知っていることばになって

話すことがうれしいことばになってきました。

不思議です。

これが自然のプロセスのおかげかもしれません。

そして韓国のメンバーもとても楽しそうです。

赤ちゃんはお母さんの声を聞き分けます

あかちゃんは話しかけてくれる人、一番近くにいるお母さんの声を聴き、

環境のことばを話し始めます。

まずは聞こえてくる環境から。

たくさんの音声を聞くことで自分の中に音がたまっていきます

そしてそのことばを話す人に出会ったり、

その国に出かけると今までたまっていた音が反応し

知らない内に話すことが出来るのです。

このようなことばの習得のお話を分かりやすく

楽しく話してくれている動画です。

日本生まれ育ちなのに9言語習得!?その驚きの勉強法を体験してみる!

おうちの中を多言語の公園に

多言語の環境作りは実験です。

うちでも活動を始めた当初は1台のラジカセからでした。

狭い部屋だから1台で十分でしょ、と思っていました。

でも、若いママメンバーが複数台を部屋に置いて

とっても楽しそうなのです。

1台でもお家から世界への広がりを感じていたので

それが増えればもっと広がるということも何となく

想像できます。

そしてこのオンライン生活でメタ活を今までよりも

たくさんできるようになりました。

多言語を日常に取り入れること、

毎日の積み重ねが広がり感じさせてくれます。

おうちにいながら世界の扉を開く

ヒッポファミリークラブのHPです。

ヒッポファミリークラブ-親子で多言語!国際交流!
ヒッポファミリークラブでは7ヵ国語をベースに、多言語を赤ちゃんのように自然に習得する活動をしています。多言語にふれはじめた途端、普段の生活がもっと楽しく、そして世界に広がっていきます。お近くの会場で体験会等を随時開催していますのでお気軽にご参加ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました