日本の神様たちは自然とともにある

多言語な日常

人間は死んだら原子になる

ちょっとしたきっかけで神道は量子力学と同じという話を聞きました。

そのお話ししてくれた方がどうしてそのように思われたのかは

分からないのですが

ずーっと前、聞かせていただいた、ヒッポの研究部門のシニアフェロウの山崎和夫先生のお話を思い出しました。

山崎先生はハイゼンベルクの「部分と全体」の訳者でドイツでハイゼンベルクの下で計算をたくさんされていました。

山崎先生のメッセージです。

ヒッポファミリークラブ - ヒッポの活動を応援してくださっている先生方

山崎先生「人間は死んだらどうなると思いますか。

生き物も物もすべて原子です。人間は死んだら原子になって宇宙に飛んでいくのです。」

このようなお話しだったと思います。

難しいことはさっぱり・・・「死んだら原子」、ということばが忘れられずにいました。物と生き物はちがう、と思っていた私は物と生き物が同じだということに衝撃を受けました。

いろんなところにいる神様

日本の神様と量子力学が同じ、つながっているという話を伺って

このことを思い出したのです。

八百万の神様は色んな所にいます。

井戸の神様、火の神様は台所、トイレにも神様がいます。

米粒の中にも神様

すべてのものは原子からできている、何にでも神様はいる。

あっ、おんなじ、と思いました。

昔の人たちはすべてが同じものからできていることを知っていたのかな。

にほんの神様のことをもっと知りたくなりました。

神様も失敗するよ

イザナギ、イザナミがであって神々を生みます。

最初はうまくいかなくて何が原因か考えます。

女神のイザナミから声をかけてまぐわったことが良くないと気づき

男神のイザナギから声をかけるとうまくいきました。

神様でも知らないこともあり、失敗することがある

失敗しても繰り返しとりくんだのです。

神様たちからのメッセージかな。

問題の立て方が間違っていないか、検証してみよう、と声が聞こえてきました。

上手くいかなくても、初心に立ち返りもう一度チャレンジしてみることが大事なんだと思いました。

記紀万葉の世界に触れながらでかけました。https://taono.club/2018/09/25/%e5%a5%88%e8%89%af%e7%9c%8c%e3%80%80%e5%a4%a7%e7%a5%9e%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%81%ab%e9%81%a0%e8%b6%b3/

コメント

タイトルとURLをコピーしました