黄な粉かけご飯を食べたことはありますか?

多言語な日常

多言語の活動は韓国にもあります。

韓国のオンラインファミリーに参加しました。

黄な粉のご飯の思い出

毎週、参加することが日常になりました。

韓国のメンバーさん、子どものころ、

ご飯に黄な粉をかけて食べたそうです。

砂糖をいれた甘い黄な粉です。

私も食べました。

黄な粉の甘いおにぎりも大好きでした。

すごく懐かしくて、韓国と食がつながっていることも嬉しかったです。

似ていること、違うこといろいろあるけど同じが見つかると嬉しいものです。

おやつに黄な粉のおにぎりもいいなぁって思っています。

嬉しい気持ちはほんのちょっとしたことでうまれてくるのですね。

うんわりとした気持ちに浸っています。

多言語は楽しい気持ちを連れてきてくれます

朝、起きたら家にある多言語の音源が流れるスピーカーのスイッチを入れます。

今日の午前は家族はオンラインでの仕事と授業で在宅でした。

邪魔になるといけないので台所のスピーカーはオフのままでした。

みんなが出かけた後、シーンとした台所でひとり…を感じていました。

スピーカーがなっていないことに気づき、聞き始めた当初はなれなかった多言語も今では生活の一部になり、音が気持ちを楽しくしてくれているかな、とふと思った瞬間でした。

ずっと話しているスピーカー、機械の音でも人の声って重要なんだな…と思いました。

ヒッポファミリークラブの公式HPはこちらです。https://www.lexhippo.gr.jp/

PVアクセスランキング にほんブログ村ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました