脳活動が活発になれば見過ごしがちな嬉しさにも気づけるのかも…

多言語な日常

ランチにインド料理を食べてきました!

ナンが大きい!チキンカレーのチキンが大きい!満腹です。

美味しかったです。

厨房はインド人らしき人達。

隣の席の若者もどこか、アジアの国の人たち。

日本人はたぶん私たちとお店の方一人。普通に暮らしている海外の方が増えたなぁと実感しました。

店頭に体温計と消毒液、各席にも消毒液。感染対策がばっちりなお店でした。

お店はこちらです。https://kk-indian-restaurant.gorp.jp/

夫が早速、インドの友だちに連絡していました。

今度の日曜日、ビデオ通話で話をするそうです。

今日のさかっちゃん

人間にとっての環境は周りの人たちとの関係性の中に築かれていく。

自分自身のその環境の担い手の一人となってことばのやり取りが始まっていく。誰かの話を聞いて共鳴し、そこでまた自分の人生が豊かになっていく。

話す側の人もまた体験が本物になっていくのだ。

繰り返し話すことでその体験の意味が何だったのか、自分で気づいていきます。

そして体験したことばも少しずつ話せるようになっていくのかなぁと思います。

昨日のさかっちゃんのことば

新しい自分を見つける旅に出ましょう。

今日の自分発見は、韓国のZOOMファミリーに出たとき、韓国のメンバーのやさしさ、みんなとのやり取りを楽しんでいる姿に自分がほっこりしたことです。

これから韓国に留学する高校生も参加していました。

韓国のメンバーたちは本当に嬉しそうに韓国のオンマがまってるよーと言っていました。

こんな風に暖かく迎えてくれているんだな、と思うと嬉しくありがたい気持ちになります。

韓国語でのやりとり、分かったり、分からなかったり、自分にがっかりすることもあり、でも今日はあーなんかこうやって人とのやり取りを楽しめる、優しい人たちと出会えてよかったなぁという気持ちの方がうわまって、もっと韓国語が話したい!と思えたことです。自分の世界が韓国語で少し広がった気がしました。

見て、まねて、できることが広がっていきます。

メンバーが集まる場、ファミリーでした。

車で1時間ほど。少し遠出しました。

久しぶりに会う、小1の女の子。メンバーが集まってくるのが嬉しいらしく「今日は来てよかった」と言っていました。

年齢に関係なく、誰かと会うのを楽しみにできることって素敵なことだと思いました。

最近、起こったことを一生懸命、お話ししたり一緒に遊んだり、とってもかわいかったです。

1歳の男の子。

歩けるようになり、自分の好きな所、興味のある所に行きます。

自由でとってもいいなぁ。そしていろんな人の動きをじーっと見てそのあと、自分もすぐに同じことをしようとしていました。

みて、まねっこしながらできることがどんどん増えていく!

こんな子どもたちの様子を見ていてやっぱり多世代の人と関わりながら成長できるのはとっても良いことだと思いました。

多言語で脳活動が活発になる、成長真っ最中の子どもたちは多言語の音の刺激と多世代の人に会う刺激で細胞がフル回転なのでは…と想像しました。

ヒッポファミリークラブの公式HPはこちらです。https://www.lexhippo.gr.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました